荒川アンダーザブリッジ登場人物 【ニノ】

荒川アンダーザブリッジ登場人物 【ニノ】

荒川アンダーザブリッジのヒロインニノ

上記の画像は、中村光オフィシャルウェブサイトにて、 5000hitリクエストなる企画のために描かれたイラストです。
フリーイラストということで掲載させていただいております
ニノさんは、こういう何気ない風景がとっても似合います(自転車はこげそうにないけど)。

【ニノ】無愛想だ、不器用だ、しかし可愛い・・・
氷の女王かと思うほどに表情の変化がかなりり少ないが、独特の雰囲気を人一倍かもしだしている。 ニノが本気で笑ったら、この漫画が終わるような気がしてならない。

ニノ 解体白書

俺 橋下住民から愛されてる雰囲気やカッパから名前をもらったとの発言からするに 橋下歴は浅そうだ。表情に変化があまりみられないのに感情の変化はホシよりも深い。 オーラと言うか雰囲気で出るタイプなんだろう。
これほどまでに気になる存在になるものなのか・・・
「Yes,or No or どうでもいい」、これははっきりしてるのにその理由はあまり口に出さない、 いや、見た感じでは理由が口から出ない。理由を現す言葉を持っていないといった方が いいかも知れない。

私が思うにニノという存在は、橋下という家族の中の子供、 またはペット的なものだと思う(失礼があったら謝る)
つまり、意思ははっきりしているけど、その中身までは自分で言わないうちに他の誰か が察してあげられる。ニノが昔からそういう要素を持っているのか、 橋下住民がニノをそうしたのかはわからないが、ニノは橋下社会にとって 無くてはならない存在になっている。

しかし、ニノ自身、過去の何かを引きずることでか、さびしそうな部分がいつも見える。 ニノのような女の子は現実に多い。自分のペースよりも周りのペースが速くて、 誰かが手を差し伸べてくれるから活発には動かないけど、 自分の中には常に何か芯があってでもどことなく寂しそうな女の子。
荒川アンダーザーブリッジの中でのムードメーカーはホシだが、 全体の雰囲気の真ん中にいるのは恐らくニノだ。 ニノみたいな子はそれがわかると自分の希望するモノに少しでも近づけるのではないだろうか。

ニノは金星人らしい。以前話題になっていた六柱水命の金星人、ではなさそうだ。 金星人はこの地球に何を求めてきたのだろう。
そう、それは荒川アンダーザブリッジが始まるきっかけの一言、「恋」だろう。 金星では見つからなかった恋を求めてこの地球に住み着いているんだとしたら・・・ なんてメルヘンだろう。 ニノにとっての恋とは何なのか。ニノは恋をみつけるとどうしてしまうのか・・・ アワワアワワ・・・
私は思う。ニノよ、本当の恋を見つけてしまわないでおくれ、それが無理なら、 少しでもゆっくり、恋を見つけておくれ。

ニノが水中が得意分野なので橋下での職業はお魚とりだ。 しかし、魚は取れても人の心は全く読み取れない。 出来ない人の気持ちがわからない子だ。 それも度が過ぎて、恋愛のできない自分の気持ちさえ、わからない子だ。
ゆっくりでいい、ゆっくりでいいからね。
ゆっくりお願しまう中村光さま。(金星の神様)

金星女王はタコ型ではなかった

私 美しい顔と金色の髪を持つミステリアスな美少女。
自分のことは金星人だと言い張り、過去には謎がある。普段は表情の乏しい 大人しい女の子だが、眠るとものすごい活発、実は怪力・・・
こんなに素晴らしいヒロインはいないのではないでしょうか。 おまけに美しい容姿とは裏腹、着ているものはいっつもジャージ。 あ、あと、女王故?の、空気読めないっぷり。大好きなヒロインです。
主人公、リクを自分のテリトリーに巻き込み、恋を覚えることで少しずつ表情や感情を得ていく様は、 (ここだけ)恋愛小説のようで、胸がキュンとしてしまいます。
あ、あと、おやつをもらったら「後で食べる」なんてことはせず、その場で全部たいらげちゃうタイプだと思います。
しかし、ニノって可愛い名前だな〜って思ってたら、2−3・・・ やってくれます、中村師匠。

他の登場人物と、彼女との大きな違いの1つは、彼女は荒川河川敷以外の社会を ほとんど知らない(と推測できる)ところ。 なので彼女の言動は突拍子がないし、荒川河川敷住人に対する違和感を一切感じていない様子。 まさに、河川敷版「オオカミに育てられた少年」です。

荒川河川敷、その場所が社会からはぐれまくりの異空間へと変貌したのは、 恐らくは他ではない、彼女のため。彼女を外的干渉(あるいは攻撃)から守り、 ただ決められた日まで健やかに育てること・・・このためだけに、 荒川の河川敷は現在、おかしな村ができているのではないでしょうか。
そう仮定した上での荒川河川敷におけるニノさんの立場は・・・赤子、でしょうか。 彼女が笑えば嬉しいし、要望があれば応えてやりたい。 自分の理想とする大人へと近づいて欲しくて、自分の持つ良い部分の情報を与える・・・ こんなに暖かい人々に守られていることに、ニノさんがいつか気づくことがあるのでしょうか。 あるとすれば・・・それは、河川敷を出ていく時。 そんな彼女の姿、見てみたいような、ずっとこのままいて欲しいような・・・


当サイトでは非営利、非公式で漫画家・中村光さんを紹介・応援しています。
個人で勝手に行っているもので、お金や商品のやりとり・出会いなどが発生するものでは一切ありません。

このように個人の作家さんを応援するサイトを運営するのはじめてで、正直勝手がわからないまま行っております。
どこかの団体さま、会社さまの不利益になる情報を記載するつもりはありませんが、何分初めてでわからないことだらけです。
失礼がありましたら、ご容赦ください。
そして、「こんなんじゃダメだよ」ということがありましたら、ご教授いただければ幸いです。

又、当サイトに関してご迷惑なことがあったり、内容に問題がある場合は ご連絡いただければすぐに訂正・削除をしたいと思っております。
不備がありましたら、メールアドレスにてご連絡ください。

叶うことであれば、ただ好きが高じて立ち上げてしまった当サイト、 多めに見てくだされば幸いです。